ペットとの暮らしをもっと快適に。ペットライフコンシェルジュがサポートします。

ペットライフコンシェルジュサービスとは

イメージ写真有料老人ホームに関しては、研究によりペットは高齢者に対して孤独や体力の衰えを防止すると解り、ペット共生施設は徐々に増えてはいるもののまだまだ普及していないのが現状です。
家族の一員として長年一緒に過ごしてきたペットと離れて施設に入居せざるを得ない、もしくは施設への入居自体を拒む人も少なくありません。
近年の少子・高齢化によるペットブームでマンションライフにも多様性が求められ、ペット共生マンション(ドッグランや足洗い場等の設備付き)なども増え、マンションでの飼育がタブーではなくなりました。
新築マンションの多くは、販売促進するため、小型の犬・猫は可とする管理規約が基本となっています。
しかし、まだまだ、飼育ルールの不整備やマナー違反、ペット禁止マンションでの飼育など、さまざまなトラブルが発生しています。
ペットをめぐるトラブルは、飼い主がペットは家族の一員と捉えるなど、人間の感情的側面が介在してしまい、解決が難しくなります。

そこでこういった環境をサポートし、有料老人ホーム、マンション管理や賃貸マンションのお手伝いができないかと考えたことから、「ペットライフコンシェルジュサービス」はスタートしました。

ペットはどんな存在ですか?

ペットはどんな存在ですか?

  • ①家族の一員として大切な存在
  • ②子供と同じような存在
  • ③夫婦や家族の関係を良くしてくれる存在
  • ④暮らしに役立つ(番犬、防犯)存在
  • ⑤心の支え、励みになる存在
  • ⑥寂しさを癒やしてくれる存在
  • ⑦友達パートナー的な話し相手

特定非営利活動法人動物愛護社会化推進会議 調べ
2014年 5387名インターネット調査

普段の生活で楽しいと感じていることは?

普段の生活で楽しいと感じていることは?

特定非営利活動法人動物愛護社会推進協会 参照
全体数は内閣府調査資料を参考
平成26年度内閣府資料と対比

これからの時代に、ペット共生住宅は外せない!

お問い合せはこちら

Page Top